人気ブログランキング |

2019年 03月 06日 ( 1 )

 

四国左半分めぐりの旅 その1 出札補充券の連続乗車券 

こんばんは。

四国から帰ってから時間外勤務もあり、なかなか動画・写真の整理ができず
ようやく1回目の投稿です。

先月26日から28日にかけて2泊3日で四国の左半分を旅してきました。
相変わらずのギュッと詰まった行程で行ってきました。
幸い事故・遅延なくほぼ予定通り行くことができました。

さて、今回せっかく行くのだからと手書きの補充券で乗車券を発行してもらおうと
画策しました。
当然ながら普通の条件では手書き補充券は出てきません。
ググってみるとわかりますが、17以上の経路だと機械発券できません。
今回は連続乗車券として発行してもらいました。

連続1、名古屋→多度津
名古屋→(1)関西線→柘植→(2)草津線→草津→(3)東海道本線→京都→(4)奈良線→木津
→(5)片町線→放出→(6)おおさか東線→久宝寺→(7)関西線→天王寺→(8)大阪環状線→大阪→(9)東海道本線→新大阪→(10)山陽新幹線→岡山→(11)宇野線→茶屋町→(12)本誌備讃線→宇多津→(13)予讃線→多度津→(14)土讃線→窪川→(15)土佐くろしお鉄道中村線→若井→(16)予土線→北宇和島→(17)予讃線→(18)内子線→(19)予讃線→多度津

連続2、多度津→名古屋
多度津→(1)予讃線→宇多津→(2)本誌備讃線→茶屋町→(3)宇野線→岡山→(4)山陽新幹線→新大阪→(5)東海道新幹線→名古屋

名古屋駅のみどりの窓口でお願いしました。
こんな経路だと即時発行は無理ということで(まあ当然でしょう)
後日受取となって、名前と電話番号を知らせておきました。

2日後に連絡があり、運賃は13110円と6940円で計20050円。有効日数は11日間になりますと教えてくれました。(計算した通りでした)
受取の日時を知らせると、「みどりの窓口前の腕章付けた係員に名前を知らせていただければ対応できるように引き継ぎしておきますので」とのことでした。

受取当日、窓口前に行くと数人の案内腕章を付けた女性係員がいて、その一人に
「すみません○○ですが、乗車券の受取にきました」と言うと
「○○様ですね、少々お待ちください」と、すぐに男性係員がやってきて
「おまたせしました。こちらへ・・・」と閉まっている窓口に案内されて
ガラガラとカーテンを開けて乗車券を発行してくれました。

連続1はやはり(狙い通り)出札補充券での発行になりました。
d0187275_20301866.jpg
         (画像は使用済なので途中下車印押してあります)

連続2はごく普通の経路なのでマルスの120㎜券での発行でした。
d0187275_20303200.jpg
こんな乗車券で旅にでました。



by untenkakari2 | 2019-03-06 21:34 | 乗車券類 | Comments(0)