鉄コレ 東武ED5083のカプラー交換 マグネ・マティック化

今日二回目の投稿です。

昨日は勤務明けの雨の中、母を病院に連れていき
そのあと昼食と買い物にも連れて行ってヘトヘトになって帰ってきて
3時間寝て夕食を作って食べたあとこのED5083のカプラー交換をしました。

買ったまま放置していた東武ED5082+5083

やっとこさ重い腰を上げて作業にかかりました。
いつものことながら諸先輩方のブログを参考にしつつ
KATOの11-712 マグネ・マティック カプラーNo.2001 の短シャンクを使うことにしました。

まずは分解です。
d0187275_16502541.jpg

デッキ部分、カプラーはこうなってます。
d0187275_16513181.jpg

さらにデッキとスカートと一体になっているカプラー部分を分解。
d0187275_16523697.jpg

で、マグネ・マティック カプラーを入れるためのスペースを開けます。
赤丸部分を削るわけです。
d0187275_16561695.jpg

私はものぐさなので、ニッパーでバキバキ刻みながら削って行くんですが
いきなり赤丸の左の硬くて大きな部分にニッパーを入れてバキっとやると
スカートが割れてしまいます
(私は油断して一つやってしまいました。幸い真ん中でスパッと割れたので接着剤でごまかせました)
なので、まずスカートを支えている支柱4本のうち、内側2本を先に切り取ってしまいます。
d0187275_173333.jpg

そのあと本体にかかります。少しずつ慎重に削っていきます。
d0187275_1742426.jpg

最終的にはこのくらい削ります。5ミリくらいかと思います。
d0187275_1784975.jpg

前から見るとこんな感じ。トラ模様で判断してください。
d0187275_1710893.jpg

デッキ部分を取り付けるとこうなります。
d0187275_1719216.jpg

d0187275_1720020.jpg

このままでは段差ができてしまうので、以前使ったマイクロトレインズのマグネマティックカプラー#1015の
高さ調整用シム板を二枚重ねて瞬間接着剤で付けます。
d0187275_17293969.jpg

(厚さは0.5ミリくらいになります。その厚さのプラ板で代用できます)
そこにマグネマティックカプラーを接着します。
d0187275_17311055.jpg

こんな感じになります。
d0187275_1732240.jpg

これを動力TM-ED01に付けようとしたんですが、なんか引っかかってはまらない・・・
動力のこの出っ張りが邪魔しているようなので削りました。
d0187275_17374839.jpg

d0187275_1738288.jpg

取り付けて高さチェックです。
d0187275_17391051.jpg

大丈夫です。

やっとマグネマティックカプラー化できました。

参考にしていただければ幸いです。

by untenkakari2 | 2015-04-11 17:41 | 鉄道模型(N) | Comments(0)  

<< 鉄コレ 東武ED5083整備完成 衣浦臨海鉄道 炭カル貨物列車 ... >>