カシオペア・北斗星撮影と女川へ その5 石巻~女川~小牛田 2015.07.30

こんばんは。

全然雨が降りません。
ほこりっぽくてくしゃみと咳が出ます。
庭木も水は毎日やっていますが、葉に勢いがありません。
駐車場の軒下の燕の巣では子育て真っ最中なのですが、
親鳥は昼間はどこかへいなくなり(涼みに行っているのかな?)
夕方から餌を採ってきて一生懸命運んでいます。
いつになったら雨が降るのか?

さて本題です。

石巻でちょっと休憩して石巻線の女川行きに乗り換えです。
d0187275_1745451.jpg

d0187275_1750036.jpg

d0187275_1751538.jpg

約26分で女川です。
d0187275_18165089.jpg

立派な女川駅舎。でもほとんどの面積が温泉施設。
d0187275_18184091.jpg

振り返ると・・・なにもありません。茶色い土色が見えるだけです。(写真撮るの忘れました)
まだまだ復興半ば。

ここで新幹線指定券を買おうと駅員に話しかけたのですが・・・

私   「新幹線の指定券買えますか?郡山から東京までの指定券なんですが」
駅員 「ここは手書きだから時間かかるよ」
私  「その手書き券が欲しいんだけど」
駅員 「ん~仙台駅でならすぐ発券できるんだけど。次の13:20の小牛田行き乗るの?」
私  「はい。無理ですかね?」
駅員 「ん~時間ないから」

この時点で13時ちょうど。発車まで20分あります。

私 「やめといた方がいい?」
駅員 「そうだね。時間ないから」
私  「ならもういいです」

駅員は奥へ消えて行きました・・・。

女川駅の補充券、買えませんでした・・・。

いつも買っているJR西日本の某駅では10分もあれば作ってくれますが・・・
ま、仕方ありません。

乗ってきたキハ110-123に戻って発車時間まで待機です。

d0187275_19155719.jpg

d0187275_19164359.jpg

d0187275_1917353.jpg

帰りは小牛田まで乗車します。
d0187275_19195563.jpg

車内は1+2のボックスシート。
1人席に陣取って車窓動画を撮りながら乗車しました。

以下は動画からの画像です。
女川を出て次の駅、浦宿から万石浦の海岸線を進みます。
d0187275_19233290.jpg

浦宿ー沢田間
d0187275_19234966.jpg

浦宿の次の沢田は震災以後地盤沈下でしばらくは満潮になると浸水していたそうです。
復旧後はその痕跡はわかりませんでした。

沢田を出ると海岸線からは離れて進み、陸前稲井を過ぎると旧北上川橋梁を渡ります。
d0187275_19292118.jpg

この旧北上川橋梁、制限35キロがかかっていました。ゆっくり進むんですが
なんでかな?と往きに見ていたのですが・・・理由は・・・
d0187275_19323191.jpg

d0187275_19333219.jpg

わかりますか?枕木ズレてます。
左のレールのさらに左側にレールがあった痕跡があります。
おそらく津波を受けてズレたのでしょう。
レールだけをまっすぐに直して復旧させたのでしょう。

そして石巻に着きます。

石巻を出ると
d0187275_19473034.jpg

しばらく進むと仙石線と分かれて
d0187275_1948167.jpg

あとはひたすら田園風景。
d0187275_1949915.jpg

途中涌谷駅で貨物列車と行き違い待ち。どこぞの私鉄のような感じ(謎)

小牛田は東北本線との接続駅。
石巻線貨物の始発駅。
d0187275_19523048.jpg

キハ40がタムロしていました。
d0187275_195382.jpg


女川から1時間11分で小牛田です。

石巻へ向かう貨物列車が待機していました。
d0187275_19545797.jpg


これで駅コレクション、仙石線・石巻線制覇です。
d0187275_20044100.png

d0187275_2011430.png



次回へつづく。

by untenkakari2 | 2015-08-09 17:47 | 鉄道写真撮影行 | Comments(0)  

<< 赤沢自然休養林へ避暑と森林浴「... カシオペア・北斗星撮影と女川へ... >>