銀釜EF81303を撮りに九州へ その3 銀釜撮影!②

おはようございます。

今日は公休。のんびりしてます。
でもちょっと撮影に出かける予定です。

さて本題です。
しばし大牟田駅ホームで待っていると運転士がやってきました。
パンタを上げて出庫点検を始めました。
d0187275_10381324.jpg

前照灯点灯、尾灯点灯。
このあと機関車の回りを点検していきました。

入換標識にして待機です。
d0187275_10402990.jpg

かっこいいです。
すばらしい。
これを撮るために九州までやってきました

すると10:20頃、情報より早く仮屋川操車場からDE10が1152列車編成を連れてやってきました。

油断してました。画面揺れてます。

銀釜の隣線に入ってきて停車。横を通過して
d0187275_10463314.jpg

大牟田駅コンテナホームの先へ引っ込んで行きました。
d0187275_10484373.jpg

こんどは銀釜が1152列車の博多方に機回りです。
d0187275_1052676.jpg

順光バッチリ。
これもかっこいい。


1152列車に連結して組成。
d0187275_10571885.jpg

操車係は組成点検とブレーキテストをしに行きました。

この位置で発車ならここで発車シーンの動画を撮るんですが、組成点検終了後に
信号機手前の0キロATS地上子前まで引き上げます。
d0187275_1121386.jpg

ホームからは撮れない位置になります。
d0187275_117138.jpg

これは入換研修で理由を聞きました。
0キロATS地上子から離れたところから誤出発すると、
列車の速度が上がってから0キロATSを通過するので
非常ブレーキがかかっても止まるまで距離が出てしまう。
だから入換都合でATS地上子のかなり手前で組成しても
必ずATS地上子手前の所定位置まで引き上げるようにと決められています。

そんなこんなで大牟田駅での撮影は終了です。

次回は1152列車を瀬高駅でとらえます。

by untenkakari2 | 2014-03-03 11:27 | 鉄道写真撮影行 | Comments(0)  

<< 銀釜EF81303を撮りに九州... 銀釜EF81303を撮りに九州... >>